toggle
2018-08-02

野菜を摂るならゴクゴク系。

クーラーなくしては生活できない暑さが続きます。

うちは熱がこもりやすく、夕方以降が蒸し風呂のように暑い。その上寝室にはまだクーラーを設置しておらず、クーラーのある場所に夏季限定「家内引っ越し」をして、どうにか熱帯夜を乗り切りたいと思っている今日この頃。

庭のミニトマトも無事収穫の時を迎えました。

オレンジとピンクの色合いがとても可愛かったので、オイル漬けにしましたよ。(白崎裕子さん著「にっぽんのパンと畑のスープ」より「セミドライトマトのオイル漬け」)

パンにもパスタにも、最高です!

トマト

ご近所の方から、夏野菜のお福分け(トマト&かぼちゃ)をいただきました。瓶に入ったトマトピューレでガスパチョやトマトジュースを作っていましたが、フレッシュトマトのおいしさは格別!!一気に「贅沢な飲み物」にグレードアップです。

塩麹トマトジュース

【作り方】(約コップ3〜4杯分)

トマト(中2個)湯むきし、一口大にカットする。

ミキサーに、カットしたトマト、塩麹(大さじ1)、氷(適当)を入れて撹拌したら完成。

*塩麹の量は味をみて調整。

徳島県小松島市にある濱醤油醸造場の濱眞理子さんに教わった作り方です。濱さんの塩麹は塩分濃度が約7%と一般的な塩麹より低めで柔らかい風味が特徴です。塩麹の種類によっても必要な量が変わってきますので、お使いの塩麹でまずは少量からお試しくださいね。

かぼちゃ

いただいたかぼちゃは焼くより蒸すより、スープがおいしいかぼちゃでした。これからかぼちゃがおいしい季節ですね〜。年々、かぼちゃのおいしさがわかるようになってきました。

かぼちゃのポタージュ

こちらは「ココナッツオイルのかんたんレシピ」より。

「ポタージュの素」をつくっておけば、忙しい朝でも豆乳や昆布水で伸ばすだけでスープが完成します。夏場なので日持ちはしませんが、ゴクゴク飲めますよ。

同じく夏野菜の代表「とうもろこし」のスープがクロワッサンで紹介されていましたので、ぜひ→こちら

食欲が落ちてくることが多い夏。

冷たい飲み物にすると一気に口に入れやすくなりますよね。いつもいつも冷たいものだと逆にしんどくなりますが、おやつに、ちょっと休憩時に、野菜の冷たいジュースがあれば一石二鳥。

夏の庭

庭の木に水をやるのが楽しくなってきた夏の朝。…「夏の庭-The Friends-」ってあったな。

見つけたー

ほら。

レモンが実ってるんです(たぶん)。

庭でレモンが採れるなんてうれしいなぁ〜。レモンピールたくさんつくりたいなぁ〜。

爽やかな香りをイメージしながら、うっとうしい暑さを横に追いやりましょうかね。

 

un 樋口 明日香

パンの授業スケジュールご案内(次回未定。決まり次第、こちらのページやLINE@にてお知らせします。)


unの手づくりあれやこれやのつぶやきをLINE@にて配信しています。

よろしければご登録くださいね。

公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事