toggle
2017-07-31

枝豆と油揚げの炊き込みごはん。

徳島のパン教室(パン先生)unアンです。

「ごはんを炊くように、パンを焼く」はブログのタイトル。

もう10年以上になるかなぁ、鍋でごはんを炊くようになってから。

下の「ルクルーゼ」をプレゼントされて、初めて鍋でごはんを炊いた時の「おいしさ」は、今でも覚えています。

何種類かいただいたのです、オレンジシリーズ。

ごはんだけでなくて、毎日の料理もこの鍋と一緒なら楽しかった。料理のきっかけを作ってくれた鍋です。

旬のいただきもの

さて、ごはんの話。

同僚が育てている枝豆をいただきました。身近に農業をしている人がいてうれしいのは、こういう時。顔を知っている人が作っているものだから、お店で誰かが作ったものを買うより、当たり前ですが、うんとおいしく感じられます。

「自然栽培」で育てた枝豆。小粒で、味が濃厚。

ビールと一緒につまもうか…と思っていましたが、いただいた日は寝落ち。

翌日、ふとSNS上で目にしたのが、枝豆と油揚げの炊き込みごはん。ちょうど冷蔵庫に油揚げもある!(←これもいただきもの。)

これに決めました。

味付けは、白崎茶会のレシピでかんたんに作れる方法をちょっとメモメモ。

茶会式 炊き込みごはん

秘密のストックレシピ」の「白だし」を使って、超かんたん調理。

「白だし」:米1合に対して大さじ1で、本格炊き込みご飯が完成。(「白だし」を事前に作っておく。)

ごはんは小松島市で栽培されているアイガモ農法で育てられた玄米。家庭用の精米機で5分搗きにしたものを使用しています。

できましたよ〜。最近はルクルーゼより、かまどさんの出番多し。

おこげの香りがほんのり漂ってくるのは土鍋ならでは〜(かまどさん:2合炊き)

出汁の香りがするごはん。

この香りをかぐと、ほっこり幸せな、もうこれ以上何もいらないって気分になります。

しゃもじですくってそのまま口に運ぶ。ハフハフ。

残ったごはんは、おむすびにして冷凍庫へ。帰りが遅くなって何もしたくない時の非常食ストックの完成です。

枝豆さん、ありがとう。

土鍋さん、ありがとう。

秘密のストックレシピ、ありがとう。

 

un  樋口 明日香

 

パンの授業スケジュールご案内

次回の予定は近日お知らせいたします。

最新の情報はこちらのLINE@にてお知らせしています。

よろしければご登録くださいね。

公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事