地粉のもちもちベーグル、柚子ピール入り。

p1030533

 

柚子皮をたくさんいただきました。

旬を届けてくれる「となりのおばちゃん」の味。

せっせと台所仕事を進めるおばちゃんを見習って、柚子皮でピールを作ってみました。お砂糖は使わず、アガベシロップだけで煮詰めたピール。アガベシロップにはフレーバー効果があり、ジャム(ピール)作りに向いている甘味料。そういえば、石井町にあるお店で「アガベシロップ」の元となる「リュウゼツラン」の木を見たのです。

img_5207

ほほーと。初めて見ました。これからあのシロップが。ふむふむ。

 

柚子のピールはこんな感じで完成。

レモンピールも大好きなのですが、柚子ピールも美味しい。食べだすと止まらなくなるので、一部を除いて冷凍しました。

p1030515

さて。

柚子ピールとパン、、、合わせるとしたら何パン??

まず浮かんだのは、白パン。ふわふわお尻のようなパンに黄色い柚子ピール。でも、甘いのと酸っぱいの、今ひとつだな。と考え直し…。

ブール。カンパーニュにドライフルーツ入れて焼くからあのイメージかしら。でも、ハード系パンに柚子だけだと何か違うなぁ…。

それで、いつも食材を仕入れているお店で販売されているベーグルを思い出しました。あ!ベーグルという手があったか!と。

一次発酵なしで成形できるベーグルですが、一晩発酵させてふわふわ生地に。その中に柚子ピールを15gくらい入れて焼き上げました。側面持つと潰れるほどのふわふわ具合。こんなふわふわ、初めてです。

p1030533

米粉を少し配合し、食感を自分の好みに近づけました。

こうやって自分の好きな感じに仕上げられるのって、手作りならでは。パン好きの方ならなお、お家でパン焼きしてほしい!と強く願っています。

余計なものを入れないから、ダイレクトに素材の風味を感じます。粉も、巻き込んだ柚子も。買うより時間はかかる作業だけれど(マイナス面)、おいしさと素材への親しみをプラス(+)すれば余りある作業。

どこのパン屋さんのベーグルよりも美味しい!って断言します(キリッ!!)。

いつか、パン教室のメニューにしたいです。

 

un

Facebook    Instagram     Twitter