toggle
2019-01-09

豆腐でドーナツ、リベンジ編

先日つくった さくふわドーナツ  。ちょっと気になりココア味でも作ってみました。
>> レシピは『ESSE2019年1月号』に掲載されています。

前回よりおいしく作りたい。気をつけたことは2点。

1.豆腐を見えなくなるまでヘラでつぶすこと

前回はレシピをよく見ないまま「泡立て器」でぐるぐる混ぜました。よって豆腐の “ つぶつぶ ” がけっこう残っていたと思います…。食べたときの「大豆感」はこれが原因かな?と思い、今回は「ヘラ」を使いクリーミーな状態になるまで豆腐をすりつぶしました。そのあとの「吸水」もたっぷりと時間をとりました。

2.量を減らして一気に揚げること

うちで使っている鍋は小ぶりの鍋。前回はレシピ量の4個分を2回に分けて揚げましたが、今回は一度に揚げられる2個分だけにしました。そうすることでベーキングパウダーが反応して膨らんでいる時に揚げはじめることができます。

*ベーキングパウダーは水分(豆腐)に反応して炭酸ガスを発生させます。時間と共に反応が進んでいくため、素早く作業するとベーキングパウダーの効果も最大限に発揮されるというわけ。

★ココア味★

材料の「きな粉」25gのうち、10g分をココアパウダーに替えました。苦味を感じやすい場合は「てん菜糖」も少し増やすといいかもしれません。

(ココア色で)色が確認しづらく若干揚げ時間長めになりましたが、カリッと、ふわっと、おいしくできて満足です◎

レシピに書いてある「ひとこと」って、さりげないけど「コツ」!

これに続くESSEの2月号は、豆腐を使った生チョコらしいよ!これも早く作ってみたい!

パン先生un(アン) 樋口 明日香

パンの授業スケジュールご案内(次回未定。決まり次第、こちらのページやLINE@にてお知らせします。)


unの手づくりあれやこれやのつぶやきをLINE@にて配信しています。

よろしければご登録くださいね。

公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事