toggle
2017-08-05

【授業】小学生の「甘酒」評価。

徳島のパン先生unです。

「甘酒」って今ではスーパーでもよく見かけるけれど、子どもたちに聞いたら「知ってる」と答える割合がかなり少ないんですよね(@神奈川県の中央にある某市)。だから、まずは知ってもらうために授業で甘酒を作りました。その時の話です。

もち米で何を作ろう

5年生の総合的な学習の時間で取り組んだ「もち米づくり」のもち米を収穫した後、ありがたいことに、もち米をどっさり30kg(2クラス分)いただくことに。もち米の調理実習(ピザ・だんご・おはぎ・大福・バーガー・もち等)で大部分を消費し、残りのわずかな量をみんなでどうやって食べるか、という話をしていた時。
少ない量をみんなで分けるのにぴったりの「甘酒」はどうだろう?と、子どもたちに提案してみました(甘酒の存在自体を知っている子が少なかったので、子どもたちからは出てきませんでした)。

小学生の甘酒知識

甘酒、知ってる?
→ え、知らない。
飲んでみる?!
→ うんうん、飲んでみたい…(かも。)
子どもたちも興味本位で甘酒づくりに賛成してくれました。
甘酒が初めて、という子も多く、飲む前はカルピスのような味を想像していたとか…
甘酒(米麹由来):麹菌の消化酵素が米のデンプンを分解した時に作られるブドウ糖が甘さの秘密。
時間をかけてできる自然の甘みが特徴で、砂糖も使わず、アルコール使用しないので、子どもたちにも安心して飲んでもらえます。さらに、発酵の過程で菌が分解しきっているから、栄養素を全て吸収できるという、まさに栄養満点のドリンク!
だから、「飲む点滴」と言われているんだよ~という話もしました。
{8D79196E-533B-47EB-8BBA-B2222D49078F}

家庭科室にある大きめ計量カップに注がれた甘酒。

甘酒の味

家庭科室で完成した甘酒を試飲。わたしは「おいしー!!」と思ったのですが、子どもたちには思った以上に不評で。
せんせー、、、
「どーしても飲まなきゃいけませんか…」
「残してもいいですか。」
「わたしの口には合いません~」
と言いながら、本当に「まずい」という顔をしている。これ、大多数。
 そうは言っても、ちゃんと「おいしい」と言ってお代わりした子もいました。
{A5F01A06-B10A-454C-B743-1F95A0D9F058}

大量に作っていましたが、ほぼ、残ってしまいました。

ツブツブ感が嫌だ!

ツブツブが美味しい!
神社の甘酒と違う!(←神社の甘酒はもしかしたら酒粕由来だったのかも)
とか…
とにかく、40人40通りの感想でおもしろかったです。

学校の役割

これを機に甘酒嫌いになった子たちには申し訳ないのですが、「甘酒」の存在を知る、という目的は達成!
8割の子どもたちはそもそも「甘酒」というものを知らなかった(←そこにもちょっとびっくり)。
今回のような「甘酒」づくり。
「子どもたちの興味・関心」から出発することは前提ですが、一方で「子どもたちにぜひ知っておいて欲しいこと」は、大人から伝えていきたいと思っています。
 
「食べる」ことには興味を持つ子どもが多いので、難しい理屈は抜きにして、とにかくおいしいものをつくって食べる!を大事にしたいな。
少数かもしれませんが、食べることに興味を持たない子どももいます。活動にのれなかった子どもは、別の時間で活動にのれるようにフォローしていきたいものです。
もし、小学校でこれらのことを伝えていくことができれば、地域にいる子どもたちの98.5%に伝えることができる!
これって、すごいことです。
{67C1E64B-FCF7-48A3-B758-A5CE3E688BF5}

甘酒、わたしはおいしくいただきましたよ。

 この授業では市販の「乾燥こうじ」を使用しましたが、自分たちで育てた米で「こうじ」が作れたならば、もっと楽しくなりそうです。
考えるだけで、ちょっとワクワクします。
パン先生un(アン)@徳島   樋口 明日香
パンの授業スケジュールご案内

次回の予定は近日お知らせいたします。

最新の情報はこちらのLINE@にてお知らせしています。

よろしければご登録くださいね。

公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事