toggle
2016-12-28

作ることも、食べることも、楽しくなります。(麺、打ちました)

お昼時に実家に行ったときのこと。

「昼ごはん食べていく?」
「んー」
「インスタント麺だけど」
「・・・」

本当は家族がまさに今食べているインスタント麺も、棚に積まれている大量のストックも「見なかったこと」にしようと思いつつ…

ひとまずインスタント麺を食べていた姪(2歳)に聞いてみたのでした。

「ラーメン、おいしい?」
「おいしーよ。一緒に食べよー!」

麺好きな可愛い姪っ子に、とにかく「おいしい」麺を食べさせたい。
…そんなことを考えていたら、安全で安心で、一緒に食べたくなる麺を打ちたくなってきて、久しぶりに集中して麺を打ちました。3種類。

p1030845

「無敵の即打ち麺」…即打ちなので、すぐに作れます。
「地粉の中華麺」…完全オーガニックな中華麺。そしておいしい。(←きっとこんなのどこにも売ってません!)
=こちらの二つは白崎裕子さんの『にっぽんの麺と太陽のごはん』に載っています。ぜひ。

あとはグルテンフリーの生パスタ(水分量ちょっと失敗、、)。もちろん手打ちです。=こちらのレシピは白崎茶会で教わったもの。

米粉麺も作りたかったけれど、今回は時間切れ。

麺を打つという習慣、昔の日本人(祖母くらいの年代)は日常だったはず。今はあまりに簡単に安く麺を手に入れることができるので、麺を打つ人、ほとんどいませんよね。即打ち麺は、スーパーに麺を買いに行くより早くて楽しい方法。
続けていくためにはおいしさを感じてもらえることと、すぐに作れる環境を作ることかなと。わたしも最初は億劫に思いましたが、、やり始めると「おいしさ」と「手軽さ」は他のもの(市販の麺)には真似できません。
ちゃんと日々の台所仕事に加えたい作業です。

p1030843

さて。インスタント麺を日常食として取り入れている我が実家のことを考えると、麺だけプレゼントしたその先は、「本末転倒」な結果になることが目に見えます。(手打ち麺と何を組み合わせるか、っていう問題です)

「調味料」(←オーガニック素材だけで作った純植物性。おまけに日持ちもする万能ストックたち。)も一緒に渡しておきました!

生かえし・香味油(白・ラーメンの素)・エスニックだれ・ドミグラスルウ。
手打ち麺とストックのコラボでラーメン、パスタ、うどん…作れます。

姪っ子は結局、手打ち麺には興味を示さず。。。
「ソーメン食べるぅ〜」
だって。(完敗)

大人だけでなく、姪のような小さい子どもが喜んで食べるものを作ること。
姪が食べるか食べないかをバロメーターのひとつにしています。

誰かの喜ぶ顔を想像しながら、台所で作業をする時間。
作ることも、
食べることも、
とっても楽しくなる作業です。


後日談。
即打ちうどんと中華麺はとってもよかった!
米粉の生パスタはやはり水分量がダメダメでした(次回リベンジします!)。


un

Facebook    Instagram     Twitter

パンの授業スケジュールご案内
2017年6月のテーマ
もっちりナンとカレーの巻
〜うだる暑さを吹き飛ばしましょう〜

6/13(火)…受付は6/8(木)まで
6/26(月)…受付は6/21(水)まで
お申し込みはこちらのバナーからどうぞ



最新の情報はこちらのLINE@にてお知らせしています。
よろしければご登録くださいね。
公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事