toggle
2018-10-01

ブルーベリー狩り…からの、クランブルケーキづくり。

夏から秋にかけて、好きな果物が旬を迎え、デザートが楽しみな季節です。

ぶどう、梨、栗、柿…(秋、好きです)

「まえ、ブルーベリー食べに行ったねぇ。」

と、突然、姪(4歳)に話しかけられ、

「そうねー、おいしかったよねぇ…」

とその時食べたお腹いっぱいのブルーベリーの美味しさを思い出して口の中がジュワッとしてきた。

落合ブルーベリー園さんへ

姪を連れてブルーベリー狩りに行ったのは8月12日。徳島では阿波踊りが始まった時でした。ブルーベリーの旬はもう少し前。行った時はもう最後の方とのことでした。

落合ブルーベリー園さんにはまたすぐにでも行きたいし、オンシーズンに友人らが遊びに来たとしたら案内したい場所でもあります。

来年はもっと早い時期から何度かお邪魔したいなー。

落合ブルーベリー園さんHP
〒779-0102 徳島県板野郡板野町川端字落合23-1

今年の夏はご存知の通り猛暑。この日も暑かったのですが幸い曇っていたので直射日光は気にならず。

入園料
子ども(たしか4歳以上):500円
おとな:1,000円
*ケースに1杯ずつ持ち帰りできます。

最初に園主さんから取り方の説明と「なるべく大きいのを選んでとってね」「無農薬だからね」とのお話があり、さっそく取りながら食べる姪っこ。

手の届く範囲にたくさん実がなっているのでおもしろい様子。

木によって少しずつ味も違うんです。「こっちが甘い」「これちょっと酸っぱいな」なんて味比べしながら摘めます。

この日は4種類のブルーベリーを摘んでは食べ、摘んでは食べ、の繰り返し。

同じ種類でも、木によってちょっとずつ味が違うんです。それを発見したら、もう全部の木になっているブルーベリーを味見したくてたまらなく…

姪もよく取り、よく食べました。

たくさん取れた!

腰掛けて、ブルーベリータイム。

おいしくって、食べる手がとまらない…!!ほんとうに。

最後に、食べてしまった分のブルーベリーを補充して、おしまい。

ブルーベリーで、何つくろう。

そのままで食べた方がおいしいのはわかっているのですが。「焼いてもおいしい」を実感したくて焼き菓子づくりにチャレンジ。

姪も「作りたい〜」と言っていたので一緒に作ることにしました。

姪は型抜きクッキーを作りたがっていたけれど(笑)、せっかくだからブルーベリーを使ったおやつ「クランブルケーキ」を提案。

ベリーのクランブルケーキ

あたらしいおやつ」を参考に、パウンドケーキの生地にクランブルを乗せました。
3大アレルゲンである小麦粉、卵、乳製品を使わずに、ふつうにおいしい焼き菓子が作れるおやつ本。

姪もなるべくなら小麦や卵、乳製品を控えた方が良いと言われたことがあります。アレルギーがあってもなくてもみんなでおいしく食べられること、おやつでは特に大事かなーって思うんですよね。

日々の3度の食事が「基本」=「体をつくる」ものだとして、間食は「お腹を満たすもの」=「エネルギーの素」、甘いおやつは「楽しみ」=「ワクワクの素」。

ブルーベリーを隙間なく敷き詰めていきます。

上に乗せたこのクランブル、何度食べても感激します。→毎回「わたし、天才かも!」って思わせてくれる神レシピ。

待つこと数十分(あっという間)。

おいしい焼き上がりの時間。

ひゃっほーい!!

ブルーベリーの重さもあり、歪な形になったけれど味はとってもよい感じ◎みんなでおいしくいただきました。

ごちそうさま。

 

un 樋口 明日香

パンの授業スケジュールご案内(次回未定。決まり次第、こちらのページやLINE@にてお知らせします。)


unの手づくりあれやこれやのつぶやきをLINE@にて配信しています。

よろしければご登録くださいね。

公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事