手抜き弁当友の会、入部。

パン先生ですが、お弁当の話。

3月までは教員をしていたので、平日のランチといえば給食でした。(いつか、給食についてもブログに書きたい。)

でも、給食よりも自分で作ったお弁当が好きでした。遠足とか学校行事とか休み期間中の給食がない日は、もっぱら弁当作りに励んでいました(気持ちだけはね)。

アツアツのコロッケはやっぱり揚げたてじゃないと嫌だし、野菜炒めはフライパンから下ろした瞬間が好き。炊きたてのご飯はそれだけで幸せだし、いりこの香りがプワーンと漂うお味噌汁も外せない。

ーーーーお弁当って、そのどれもが叶わない。

 

・箱の大きさが決まっている。→これより大きいものは入れられない。

・汁物が入れられない。

・アツアツのまま食べることはできない。

ーーーーー食材や調理法の選択肢の狭さったら!!!

 

徳島に帰ってきて、お弁当作ろーと思ったきっかけは以前ブログに書きました。

お弁当生活、はじめ。

それで、ぼちぼち作り始めて1ヶ月ほどでしょうか。なんとなく、いつもお弁当作りをするときに自分で勝手に決めているルールがあります。


其の1。仕切りの紙やバレンは使わない!

img_8246

見た目だけの問題なのですが、食材で埋め尽くされた箱の中には、食材以外のものを入れたくない。それだけです。味や風味が隣のおかずに移るとかは全く気にならないタイプ。だったら、隣同士でミックスされた味まで楽しんじゃおう!と考えています。


其の2。調味料までちゃんと手作りすること!

img_8280

これはもう、白崎茶会のレシピでたくさん紹介されているおかげで、日本に昔からある基本的な調味料だけで、ありとあらゆる調味料が手作りできるようになりました(本当、ありがたい!)。

例えばこのお弁当↑。ドライカレーですが、ルウはもちろん手づくりジンジャーカレールウ。カレーのお供、福神漬けは、野菜をカットし、干し野菜にして漬け込んだ手づくりの福神漬け。昔ながらの製法で作られた調味料を使っているから、市販のアレンジされた調味料なんか比べ物にならないくらい、美味しい(しあわせ)。


とは言っても、これがけっこう億劫なときも多々あって。。。決めたことが守れない日もありますよ、人間だもの。

 

無理しすぎず、でもちゃんと食材や素材は選びたい。

だから #手抜き弁当友の会 入部しました。

 

 

つづく。

 

un

Facebook    Instagram     Twitter

地粉のもちもちベーグル、柚子ピール入り。

 

柚子皮をたくさんいただきました。

旬を届けてくれる「となりのおばちゃん」の味。

せっせと台所仕事を進めるおばちゃんを見習って、柚子皮でピールを作ってみました。お砂糖は使わず、アガベシロップだけで煮詰めたピール。アガベシロップにはフレーバー効果があり、ジャム(ピール)作りに向いている甘味料。そういえば、石井町にあるお店で「アガベシロップ」の元となる「リュウゼツラン」の木を見たのです。

img_5207

ほほーと。初めて見ました。これからあのシロップが。ふむふむ。

 

柚子のピールはこんな感じで完成。

レモンピールも大好きなのですが、柚子ピールも美味しい。食べだすと止まらなくなるので、一部を除いて冷凍しました。

p1030515

さて。

柚子ピールとパン、、、合わせるとしたら何パン??

まず浮かんだのは、白パン。ふわふわお尻のようなパンに黄色い柚子ピール。でも、甘いのと酸っぱいの、今ひとつだな。と考え直し…。

ブール。カンパーニュにドライフルーツ入れて焼くからあのイメージかしら。でも、ハード系パンに柚子だけだと何か違うなぁ…。

それで、いつも食材を仕入れているお店で販売されているベーグルを思い出しました。あ!ベーグルという手があったか!と。

一次発酵なしで成形できるベーグルですが、一晩発酵させてふわふわ生地に。その中に柚子ピールを15gくらい入れて焼き上げました。側面持つと潰れるほどのふわふわ具合。こんなふわふわ、初めてです。

p1030533

米粉を少し配合し、食感を自分の好みに近づけました。

こうやって自分の好きな感じに仕上げられるのって、手作りならでは。パン好きの方ならなお、お家でパン焼きしてほしい!と強く願っています。

余計なものを入れないから、ダイレクトに素材の風味を感じます。粉も、巻き込んだ柚子も。買うより時間はかかる作業だけれど(マイナス面)、おいしさと素材への親しみをプラス(+)すれば余りある作業。

どこのパン屋さんのベーグルよりも美味しい!って断言します(キリッ!!)。

いつか、パン教室のメニューにしたいです。

 

un

Facebook    Instagram     Twitter

紅玉りんごのクランブルケーキ。

白崎茶会のあたらしいおやつ」より、クランブルケーキを作りました。

実家へ届ける予定だったので、小さめのパウンド型2本に分けて焼きました。

焼く前。

p1030519

そして、

焼いたあと。

p1030526

クランブルがサックサク❤︎

このケーキは、卵・乳製品はもちろん、小麦も不使用!3大アレルゲンを除いたおいしいおやつ。

いろんな方が制限なく楽しめるおやつがこんなにおいしくて簡単に、自分で作れてしまう。

白崎先生のレシピさまさまです。感謝!

 

un

Facebook    Instagram     Twitter

おこわ×白菜漬け

白崎茶会で教わった日本人らしい食卓風景の数々。

知れば知るほど、これまで祖先が築き上げてきた食文化に、感謝と尊敬の念を抱かずにはいられない。

今の時期なら、おこわ×白菜漬け。

おこわ=お強(こわ)からきているそう。そんな話も白崎茶会に参加するたび耳にして、ほほー、はぁ〜、へぇー!と勉強になります。改めてレシピを見返す時、そこに書かれたメモを見て、そうだったそうだった、と記憶の底に眠っていた情報をインプットする。記憶力のいい人にはなれないけれど、だからこそ毎回新鮮な調理の時間。

ほんとうは赤飯名人の祖母から直接教わりたかったけれど(祖母のつくる赤飯は、ほっぺた落ちる美味しさでした)、白崎茶会で教わって、初めて自分で赤飯が作れた時、、うれしかったなー。

これで、おばあちゃんへの一歩が踏み出せた!って。

img_2461

小豆は割れやすいからって「ささげ」がよく使われるけれど、小豆を使ってきれいな色が出るお赤飯の作り方を教わったら、もう、ほんと、無敵。お祝いじゃなくても食べたくなるごはん。

そして

おこわとセットでばくばく食べたい白菜漬け。

茶会で教わって以来「手がきれいな人(微生物が住んでいる手)しか成功しないハイレベルな漬物」って私の頭の中にはインプットされているので、自分が試される、やたら緊張する作業。

先日淡路島オーガニックマーケット(その時のblog)で自然栽培の白菜を手に入れたので、恐る恐る挑戦してみました。3年ぶりに。お日様をたっぷり浴びて、手に住む微生物の力をかりて…

p1030489

有益なら発酵、腐れば腐敗なんて言いますが…見事に腐敗しました(・・・)。緊張が過ぎて微生物も死滅したのでしょうか、、、もともと微生物なんていなかったのでしょうか(汗)。塩の加減と白菜の鮮度も(マーケットからの道中と仕込みまでの時間)影響していると思います。

ショックだったので、再度挑戦した白菜漬け。

p1030514

どうか、今回は微生物が働いてくれますよーに!と神頼み。。パンパン!!

 

どうやら神頼みが通じたみたい。(ほっ)

p1030530

これで、 おこわ×白菜漬け のコンビが揃いました。


おばあちゃんになって、自分の手でおいしいおむすび握れる人になっていたい。その手でこねるパンも、きっと今よりおいしいはず。

自分ができるところから、少しずつ。

 

 

un

Facebook    Instagram     Twitter

 

育てる楽しみ、つくる楽しさ。

白崎茶会で教わった日本人らしい食卓風景の数々。

新鮮な旬の野菜を美味しく調理し、またある時は保存食に加工して余すところなくいただく。知れば知るほど、これまで祖先が築き上げてきた食文化に、感謝と尊敬の念を抱かずにはいられない。

 

現在、仕事を通して地域の食文化に触れる機会はとても多く、身近なおじいちゃん、おばあちゃんたちが暮らしている中に当たり前の「おいしい」がたくさん転がっていることに気づかされます。都会にはない、田舎の良さ。

 

たとえば、柿。

熟れた柿は苦手でしたが「これ食べてみー。おいしいんよ。」と隣のおばあちゃんに手渡され、その場で切ってみる。ゼリーのように、ぷるんとしていてスッキリ甘い。(こんなにおいしかったんだ…)

 

たとえば、おこわ。

「しと(湿打)」という言葉、白崎茶会のおこわクラスで初めて聞いて以来日常では聞くことのない言葉ですが、おばあちゃんたちは使います。「分量や聞かれたってーわからんわ。ほんなもん、てきとうじゃ。」というおばあちゃんが、カッコよすぎてキラキラして見えます。栗を剥くのはおじいちゃんの仕事。二人であーだこーだ話しながら作業している姿もすごく微笑ましくって。

img_7828

 

たとえば、お寿司。

「お酢と違うてゆう(ゆず)を入れとうけんな。」と言われて手渡されたお寿司が絶妙な味付けでそれはそれはおいしかったこと。→柚子編はこちら

p1030508

p1030515

あれから、いただいた柚子の皮をピールにしました。

 

そして、旬の分かりやすさも田舎暮らしの魅力の一つ。

きゅうり、なす、トマト、すだち、柿、柚子、次から次へと旬の食材が届く。しかも、大量に。それを、余らせないようにおいしく加工していくのがおばちゃんたち。

田舎の良さ、というよりは、そこに住む人たちの食生活の知恵?工夫?

とにかく、素敵ー!なのです。

 

そうそう。スーパーマーケットも、食文化を表す一つのバロメーター。

p1030380

小さいスーパーに、こんなの売っているんです。「ひしお」なんて聞いたこともなかったのですが、「毎日混ぜて、育てる楽しみ」って言葉にキュンとして、パケ買いしてしまいました。

そして、完成。p1030379

育てる楽しみ、なるほど!!!

横浜に住んでいるときにはあんなに店が乱立して人が住んでいるのにもかかわらず、「漬物石」とか「漬物袋」とか、歩き回って探しても見つけられませんでした。(漬物つくる人いないのねー)

徳島では、梅干しの季節になると近くのホームセンターやスーパー、小売店に当たり前のように瓶やざるが並んでいるし、漬物袋も1枚単位で購入できる。

なるほど、お店を見れば地域の食文化がわかるんだなぁと。

 


自分ができるところから、少しずつ。

おばあちゃんになって、自分の手でおいしいおむすび握れる人になっていたい。おむすびがおいしく握れる手になっていれば、その手でこねるパンも、きっと今よりおいしいはず。

そんなことを頭の隅におきながら、今は自分のできることをせっせとやっていくのです。

さて。今日もぬか漬け触りますかー。

 

un

Facebook    Instagram     Twitter

 

旬を届けてくれる「となりのおばちゃん」の味。

神山町にある仕事場に毎日通っている。

昨日、隣のおばちゃんから柚子の皮をいただいた。

おばちゃん家の部屋は柚子の山。おばちゃんは果汁を絞って小分けに瓶に詰め、心待ちにしている親戚に送り、あとは冷凍保存してお寿司をつくる時に大事に使うのだそう。

そういえば、以前いただいたおばちゃんのお寿司はほんのり柚子の香りがして、それはそれはおいしかったのだった。

残った皮は柚子味噌にするんだって。

長年作り続けてきたおばちゃんには「自分の味」がある。これとこれを入れるとおいしいけんな、アクを抜くために水につけときよ、沸かさなあかんけどな、とおいしく作る方法を教えてくれる。

柚子に限らず、いつも季節の食材をきちんと調理して(周りに配って)消費しているおばちゃん。

とても83歳とは思えない動き。

「おばちゃんマメやなぁ」

「ゆう(柚子)があるけんするんじゃわ」(柚子があるからやってるだけよ)

ー裏の畑にてー

「これ、豆がまだできよるわ(と言って見せてくれたインゲン豆)。これあったらなぁ、お寿司の上にちょっとでものせたら彩りになるでぇな」

庭にある緑を彩りに使う。

こんな風に、いつもの服にブローチつけるみたいに、アクセサリーをプラスするように、お料理にオシャレできる人って、素敵だなぁと心底思うのです。デパートで高級な食材を買うのではない、飾るためにお取り寄せするでもない、身近にあるものを大切に、ありがたく使っているんだなぁって。

わたしは、おばちゃんより何十歳も若いはずなのに、、、せっせと料理するどころか、いただいた柚子を加工する前に寝てしまった。

はぁー、、、情けない。。。。。

そういえば、そんなおばちゃんや周りの人たちを見ることが多くなったからか、この頃、食材の「旬」がよくわかるようになった。

旬をいただける環境はありがたいけれど、季節の保存食を作れるようなマメさはどうすれば身につけられるのだろう。。

 

un

Facebook     Instagram     Twitter

こんな時は、きまってフォカッチャ。

先日「ごはんを炊くように、パン焼けた」のタイトルで投稿した「きのこクリームパン」の残り生地(小さめのパン5個分)が冷蔵庫に残っていまして。

存在を忘れていたわけじゃぁないですが、後回しにしてしまいました。

さて。

気づいたのが深夜。それからちゃちゃっと焼き、翌朝リベイクしていただこうという作戦。こんな時は、きまってフォカッチャ。

気楽な気持ちで作れるパン。しかも、間違いなくおいしい。(朝のうちに2個食べてしまったので、間違いなく食べ過ぎ。)

 

今回は、在庫があったトマトとりんご。

生地は「さっぱり生地」。オリーブオイルではなく菜種油(クセがない)を使った生地。だから、りんごをのせても違和感なく仕上がります。「余る」予定のある生地を作るときには、後でいろんなアレンジパンが作れるように菜種油で作っておくといいかもしれません。

p1030502

トマト+ブラックオリーブ+小豆島の塩「御塩」

紅玉(無農薬・無化学肥料)+ 甜菜糖

p1030499

(西楽人さんのパン皿は、りんごと相性がいい。)

今日は、器作家さんの展示会に大阪まで行き、とっても素敵な器たちを連れ帰ってきました(むふふ)。うれしい1日。

買うなら、服より器です。

明日からもがんばろっと!

un

Facebook    Instagram    Twitter

毎年つくるりんごのデザート。

りんごの季節。

部屋に置いておくだけでふんわりと香るりんごの香りは、秋の香り。

小さい頃から生のフレッシュなりんごが苦手で、加熱調理したものやすりおろしりんごの方を好んで食べてきました。

学生時代や社会人になってからは「パイシート」を買ってきて、アップルフィリングを作ってアップルパイにしていたのが懐かしい。(今はめっきり買わなくなりましたがね、パイシート、、)

りんごスイーツのレパートリーが増えたのは白崎茶会に通うようになってからですが、

バターを使わなくても美味しいデザートが作れるんだ!という驚きと、

食べ過ぎても胃もたれしないんだ!!!という発見は、

5年経った今でも日々更新されています。(ほんとは食べ過ぎダメー!)

 

りんごの季節に毎年作るデザートが、豆乳ヨーグルトを使って作る「りんごのヨーグルトフラン」。白崎先生のレシピって、すべて卵も乳製品も使っていません。

なにこれたまご味じゃん!!!!!とか、なにこれミルキー!!!!!とか…これまでの思い込みから脱出するという印象がとても強いレシピなのですが、

そもそも。

「フラン」を食べたことがないわたし。個人的には、そこがちょっぴり悔しいデザートです。

だから、わたしの中では、これがフラン。

「美味しいから」という理由だけで、作り続けて3年。Instagramでタグ検索をしたら、自分で作った昔の写真が出てきました。

こちら、2年前に作ったフラン。img_7168

 

そして、昨年作ったやつ。

生地の部分を米粉で作ったのでヒビ割れしてます。maduさんで購入したグラタン皿、この時期よく使ってたなー。img_8935

 

 

そして、今年も。

見た目、少しは上手に作れるようになってますか?いや、変わらない? 笑

なかにはラムレーズンをたっぷり。

p1030480オーブン皿:awabi wareさん

 

母と妹は「おいしい」と言って食べてくれるのですが、真意はわからないもの。(←疑り深い〜笑)

作ったものがすぐになくなるのか?また作って!とリクエストされるのか?言葉より行動を見て家族の好みを判断します。

家族の好みを知って、心底「食べたい!」と思えるものを作りたいですもん。

 

 

先ほど、紅玉が届きました。

またまたりんごスイーツパラダイスに突入の予感。

 

 

un

Facebook      Instagram     Twitter

 

ごはんを炊くように、パン焼けた。

寒くなってきて、あたたかいごはんが恋しい季節。

シチューとか、グラタンとか、肉まんとか。。冬が似合う食べ物はわたしの好きなものもたくさん。

年中食べてもいいんだけれど、冬がお似合いの「きのこグラタンパン」。

「豆乳クリームソース」が少しだけ余っていて(計画的に余らせる作戦)、きのこ(しめじ)が1パック。最初から全部作ろうとするとけっこう億劫になるものですが「余っている」というのがポイントかと。

 

あとはパン生地を作ればいいのです。

こんな時の「ポリ袋だけで生地を作る方法」

夜22時から準備を始めたとしても、ちゃんと23時にはお布団に入れますし、

たとえお風呂の後に化粧水とかボディクリームとか塗って手で何も触りたくない状態だったとしても、ポリ袋の中で生地が出来上がるので、生地にアレヤコレヤは移りません。

日常のパン作り(ごはんを炊くようにパンを焼く)は、どんな状況でもささっと出来ることが大事。

p1030478

うちの冷蔵庫は「低」の設定でもキンキンに冷えるので、室内に放置しておきました。翌朝、こんな感じで膨らんでくれています。

丸めて10分ほど緩ませて、伸ばしてクリーム&きのこソテーを入れて閉じる。

3個だけ作ったので、時間もいつもの1/2以下。余った生地はまた冷蔵庫に置いておけば、別のパンだって作れます。残り5個分の生地、なにに変身させよう…とおいしい妄想ができちゃうのです。楽しみは倍に、億劫な気持ちは半分に。

p1030482

パン焼きは、発酵中に生地が膨らんでいる時と、焼き立ての瞬間(香りや音をお届けできないのが残念。)が最高。

開けた穴からグラタンも飛び出ました。生地もパンッパン!!

そして、部屋中に焼きたての香りが充満。。。(何度も深呼吸)

グラタンの風味より、きのこソテーの風味より、地粉の風味の方が勝ってた気がする今日のパン。

 

姪がPasc◯の「◯熟」より「unのパン」を選んでくれるようになることが、ひとまず目標です。(今日の姪:グラタンパンには見向きもしませんでした。)

 

 

un

Facebook      Instagram       Twitter

 

淡路島・島の食卓 オーガニックマーケットに行ってきました。

徳島市内から車で2時間弱。「淡路島マンモス」という場所で開催されるマーケットに行ってきました。

Facebookで見つけたこの催し、毎日食堂さんをはじめ、気になるお店がいくつか出店されることもあり、ワクワクしながらこの日を待ちました。

p1030414

こんな感じで森の中にブースがあり、お店が並んでいます。真ん中には「食卓」らしきテーブルがあり、焚き火があり、歌を歌っている人がいて。

事前に「なるべくマイ皿・マイカップ、マイ箸持参で」という言葉を見たので、とりあえずお弁当箱2つとタンブラー持参で行きましたが、甘かった。(そもそも、到着したのも遅かったし、欲しかったごはんは20分待ちだったため、まさかのごはん難民。)

何度も来られているような方もたくさんいて、買い物袋やキャンプ用のお皿など、余計なゴミが出ないようなスタイル、とても参考になりました。無理してるんじゃなくて、きっと日常からそういうスタイルなのよね、と納得。

p1030404 p1030405

新米試食のブースがこれ。葉っぱの上に土鍋炊きのごはんが一口ずつ並べられていて、すごくいいなーと思ったのです。自然栽培のもち米と白米を試食させてもらいました(おいしかった!)。

p1030409

こちらの平野農園さんでレモングラスの葉っぱを購入(1束100円)。先日、職場で分けてもらったレモングラスティーがびっくりな美味しさだったので。これで家でもレモングラスティー楽しめます。

p1030411

続いてこちらの淡路島 花岡農恵園さんで白菜を。野菜の種はできるだけ固定種を使用し、無肥料・無農薬栽培で育てられた白菜。最近、連日おこわ三昧だったので、、、これで白菜漬けを仕込みます(お天道様もしばらく出てくれるみたいだし!)

p1030412

そして、こちらの森本自然農園さんで全粒粉を。粉のストックばかり増やしている気がしますが、、、地粉のブールが焼きたくてー。粉で味わいも変わると思うので、試し焼きが楽しみです。

 

一番気になっていたのは、こちら。

p1030402

麦を編んでいっている方がいて。ヒンメリよりずっと手の込んだ編み方で、籠のようになっているのです。うっとりする網目。

お話を伺ったところ、「ホタル籠」というのだそう。麦の収穫が6月頃。できた藁で小さな籠を編み、網目の隙間からホタルを入れるのだそう。吊るすとホタルの灯りで小さな「ランプ」が出来上がる(なんて素敵なの〜)。昭和20年代、現在70歳代以上の人たちが子どもだった頃、これがこの時代の「あそび」だったらしいです。

こんな素敵な手仕事、昔々は「あそび」だったなんて。自然と隣り合わせのあそび。器用さや根気強さ、粘り強さなんかも知らず知らずのうちに鍛えられそうな気がします。

p1030416

淡路島マンモスから足を伸ばして神戸方面の「あわじ花さじき」まで。あたり一面のコスモス畑を堪能してきました。コスモスもあんなにたくさんあるのにみんな「太陽」の方を向いていて、自然ってすごいなぁと感じた1日。

p1030449 p1030423

一緒に行った2歳半の姪っ子。1歳の誕生日にプレゼントしたうさちゃんのリュックがやっと背負えるようになりました❤︎ 今日はポン菓子が気にいったようで、ほぼ一人で食べきりました。どんどん成長するなー。

 

負けずに成長したいと思うオバです。

 

un