地粉のブールの波、再び。

P1040361

 

前回のブールはたまたまうまーく美味しいブールになりました。
「まさかの超低温長期熟成オーガニックブール」からの発酵人生。

でもでも、そんなにうまくいくことは稀です。

たまたまうまくいった理由を探ろうと、パン先生仲間に聞いてみたり、自分で過去のメモを探ってみたり。

失敗を繰り返していると本当に嫌になるのですが、
時が経つと
嫌になっていた気持ちなんて忘れてしまいます。

ブール祭。
いろんな粉で試してみたり。

小野農園さんの「さとのそら」
徳島県産の粉で作ってみたり。

同じように毎回焼けないのが悔しいです。
「狙って焼く」
っていう風になりたいです。

今日はこういうパンが食べたいから、ちょっとあぁしてみよう。
今日のメニューにはこういうのが合うから、ちょっとこうしてみよう。

そんな微調整が出来るようになるとますます楽しいんだろうなー。
微調整どころか、手順間違えたり、材料足りなかったり、
本当に初歩的ミスばかりで嫌になっちゃう。

あまりにミスとか落ちとか多すぎて、
ちょっとのミスではビクともしなくなりました(自分のミスの場合ね)。

どーんと構えてます。(開き直り)

昔、ある先輩ベテラン先生に

「教員に必要なものって何ですか?」

って尋ねたら、

間髪入れずに

「鈍感さ」

って言われたことがありました。

んーー。
ある部分で、鈍感。
大事なところは敏感にセンサーはっておきたい。
どちらもバランスが大事だと思う、今日この頃。


4月のパンの授業「ふわっふわのフォカッチャ体験をあなたと」
4月6日(木)の開催が決定しました。(残席1名)
まだまだお申し込み受付中。詳細は下記ページよりご覧いただけます。

→ パンの授業 2017.04

お申し込みいただいた方には、順にお返事いたします。


un  樋口 明日香

Facebook  Instagram  Twitter