toggle
2017-06-14

「つたえる、と つたわる、のあいだ」に参加しました。

パン先生unです。

先週の土曜日に、高松市の仏生山にある縁側の編集室という素敵な場所で開かれたWSに参加してきました。

まず、WSのタイトルである「つたえる と つたわる の あいだ」っていう言葉にググッと惹きつけられ、何かわたしが知りたいことを教えてくれそうだ。と 思ったのです。

 

話し手は、編集者/ライターの 山村光春さん。

約2時間半のお話にすっかりひき込まれ、BlogやSNSの発信についても考えるいい機会になりました。

 

当たり前を疑いながらとことんそぎ落としてハズしていった文章は どうしようもなく じぶんらしいものになる ということ。

そして、すべてはじぶんからはじまっている ということ。

じぶんの「すき」を みつめなおすことが 編集するということ。

 

わかりやすいことばの中に、たくさんのメッセージが込められていて

メモを読み返しながら、考えさせられるいろいろ。

後味のいいお話が聞けて、よかったです。

教わった内容を 繰り返しなぞりながら 咀嚼していきたいです。

 

un   樋口 明日香

 

パンの授業スケジュールご案内
2017年6月のテーマ
もっちりナンとカレーの巻
〜うだる暑さを吹き飛ばしましょう〜

6/13(火)…受付は6/8(木)まで
6/26(月)…受付は6/21(水)まで
お申し込みはこちらのバナーからどうぞ



最新の情報はこちらのLINE@にてお知らせしています。
よろしければご登録くださいね。
公式LINE@登録はこちら
こちらのボタンをクリックで登録できます
友だち追加

IDは@euz2430cです。
関連記事